フラーのデジタルノート

フラー株式会社の公式noteです。「ヒトに寄り添うデジタルを、みんなの手元に。」をミッ…

フラーのデジタルノート

フラー株式会社の公式noteです。「ヒトに寄り添うデジタルを、みんなの手元に。」をミッションに、分析からデザイン・開発まで本当に必要なアプリやデジタルを創り届けるフラーのいまを伝えます。オフィスは新潟・柏の葉・長岡・沖縄。 https://www.fuller-inc.com/

最近の記事

  • 固定された記事

【はじめに】フラーのデジタルノートの歩き方

こんにちは! フラーのデジタルノート編集部です。 このnoteでは『フラーのデジタルノート』がどのようなメディアなのか、どんな記事があるのかを紹介していきます。 フラーのこと、フラーのデジタルノートのことを知ってもらえたらうれしいです。 はじめに『フラーのデジタルノート』は、フラー株式会社のオウンドメディアです。 フラーは2011年の創業以来、スマートフォンを中心とした事業を展開してきました。現在は主にデジタル領域全般で顧客であるパートナーのビジネスを支援するデジタルパ

    • フード&ドリンクアプリの1日における起動回数は2.1回 「フード&ドリンクアプリ市場調査レポート2024」を公開

      アプリ市場分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するデータをもとに、フード&ドリンク関連アプリの最新動向や特徴をまとめた「フード&ドリンクアプリ市場調査レポート2024」を公開しました。 フード&ドリンクアプリ市場の概況や、ユーザーの年代別分析、都道府県別分析など、さまざまな視点でアプリデータを調査しました。 アプリビジネスに関わる方はもちろんのこと、フード&ドリンクアプリ市場の動きにご興味をお持ちの幅広い読者にご活用いただけますと幸いです。 ▼「フード

      • アプリがもたらすこれからの銚子丸らしさ。「銚子丸 縁アプリ」開発秘話

        株式会社銚子丸が手がける、すし銚子丸の新たな公式アプリ「銚子丸 縁(えん)アプリ」。フラーは銚子丸のデジタルパートナーとして、アプリの企画・デザイン・開発を支援しています。 アプリづくりの裏側で、両社のアプリ責任者・担当者はそれぞれどのような思いで取り組んでいるのでしょうか。「銚子丸 縁アプリ」の開発秘話を伺いました。(敬称略、記事=日影耕造、写真=島、日影) 「銚子丸らしさ」を追求したアプリをーー「銚子丸 縁アプリ」での役割を教えてください。 川村:アプリのプロダクト

        • 【アプリ市場白書2023公開】日本人のアプリ利用時間は1日5時間

          アプリ市場分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するデータからアプリ市場の動きやユーザーの姿を読み解く「アプリ市場白書2023」を公開しました。 2023年のアプリ市場動向を振り返るとともに、アプリストアにおける評価分析やアプリユーザー数分析、Z世代やミレニアル世代といった世代ごとのアプリ分析など、さまざまな視点でアプリデータを調査。アプリを取り巻くユーザーの“いまの姿”を浮き彫りにすることを重視しました。 アプリビジネスに関わる方はもちろんのこと、アプリ

        • 固定された記事

        【はじめに】フラーのデジタルノートの歩き方

        マガジン

        • アプリ分析メディア「App Ape Lab」
          49本
        • フラーの事業開発
          45本
        • フラーのカルチャー
          113本
        • フラーのエンジニアリング
          35本
        • App Ape Award
          14本
        • フラーのデザイン
          42本

        記事

          2024年4月のフラーのできごとをまとめました。

          フラーでは毎月1回、メンバー全員が参加する全社月次ミーティングを開いており、フラーが関わったさまざまなトピックや取り組みを月ごとにまとめて紹介しています。 2024年4月もフラーではたくさんのできごとがありました。その一部を紹介します。 2024年入社式を開催。過去最多24人の新入社員を受け入れ。フラー柏の葉サテライトオフィスにて入社式を執り行いました。エンジニア15人、デザイナー7人、総合職2人の合計24人が入社し、過去最多となった新入社員一人ひとりに入社証を手渡しまし

          2024年4月のフラーのできごとをまとめました。

          【2024年最新版】インスタグラム投稿、いいねがもらえるベストな時間は?アプリユーザーが多い時間帯を調査

          App Ape Lab編集部はこのほど、フラーが手がけるアプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積する2024年3月のデータをもとに、Meta社が手がけるインスタグラム(Instagram)のユーザーの動向や、動画再生数・「いいね」をはじめとするエンゲージメントが高まりやすい時間帯を読み解きました。 価値ある情報や人の心を動かす動画や写真、音楽などの各種クリエイティブをユーザーに届けるため、動画再生数や「いいね」などを少しでも増やしたいインスタユーザーやイ

          【2024年最新版】インスタグラム投稿、いいねがもらえるベストな時間は?アプリユーザーが多い時間帯を調査

          パートナーに学ぶものづくりのDNA 新潟で新入社員研修を実施

          フラーは4月8日、2024年4月入社の新入社員24人を対象とした新入社員研修を新潟県内で実施しました。 今回の研修は、フラーがデジタルパートナーとして伴走する藤田金屬とハードオフコーポレーションのご厚意により実現。両社が手掛けるものづくり・ビジネスの最前線の様子やフラーとのデジタル領域における取り組み、さらには社会人としてこれから大切にすべきことなどを学びました。 当日の写真を中心に研修の様子をお届けします。 藤田金屬のものづくりの中枢を見学4月8日午前、新入社員24人

          パートナーに学ぶものづくりのDNA 新潟で新入社員研修を実施

          【オンライン】ヘルスケアアプリ市場動向解説セミナーを5月15日に開催

          アプリ市場分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」を手がけるフラー株式会社は、「ヘルスケアアプリ市場動向解説セミナー」を2024年5月15日に開催します。 本セミナーでは今後さらなる成長が期待されるヘルスケアアプリ市場に着目し、市場の動向をご紹介するとともに、ヘルスケアアプリ市場に関するデータの活用事例や活用シーンなどを徹底解説します。 ヘルスケアアプリ市場動向をキャッチアップしたい方、新規事業や新しいアプリを企画・開発中の方など、ヘルスケアビジネスに関わる皆様が

          【オンライン】ヘルスケアアプリ市場動向解説セミナーを5月15日に開催

          2024年3月のフラーのできごとをまとめました。

          フラーでは毎月1回、メンバー全員が参加する全社月次ミーティングを開いており、フラーが関わったさまざまなトピックや取り組みを月ごとにまとめて紹介しています。 2024年3月もフラーではたくさんのできごとがありました。その一部を紹介します。 第四北越銀行と提携フラーと新潟の第四北越銀行がこのほど、お客さまのデジタル化に向けた取り組みのサポートを目的とした提携を開始しました。フラーが地域金融機関と今般のような提携をするのは初めての事例です。 「STUDIO Experts」に

          2024年3月のフラーのできごとをまとめました。

          過去最多24名が入社! フラーの入社式をレポートします

          4月1日。穏やかで暖かなこの日、フラーは今年も新しく仲間を迎え入れました。その人数は過去最大の24名。 今回のフラーのデジタルノートでは、真新しい風のさわやかさを感じた入社式の様子をお伝えします。 24名が初めて一堂に会する入社式会場の柏の葉サテライトオフィスでは、朝から入社するみなさんを迎える準備をしていました。 集合時間になると新入社員のみなさんが続々と会場に到着。24名全員がそろうのはこの日が初めてです。 新しい門出に緊張した面持ちも見られますが、周りの人とおし

          過去最多24名が入社! フラーの入社式をレポートします

          フラーとレコチョクのエンジニア勉強会。スマホアプリ開発に向き合うクリエイターが会社の外で感じた学びと共感

          フラーのデジタルパートナー事業は、顧客であるパートナーをスマホアプリ開発を中心にデジタルの面から支える事業です。 そのため、フラーには多くのエンジニアが在籍しています。(社員の4割ほどがエンジニアリンググループ所属です!)普段からAndroidやiOS、サーバーサイド、フロントエンドのユニット別やエンジニア全体で社内勉強会を開催していますが、社内だけでは見えない視点があるのも事実です。 そんな中、とあるエンジニアからの持ち込み企画をきっかけに今回デジタルを駆使して音楽を中

          フラーとレコチョクのエンジニア勉強会。スマホアプリ開発に向き合うクリエイターが会社の外で感じた学びと共感

          マイクロソフトの生成AIアシスタント「Microsoft Copilot」をビジネスシーンで活かすには? App Ape Award 2023 ネクストスタンダード賞アプリインタビュー

          フラーが手がけるアプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」のデータをもとにユーザーに愛されたアプリを選ぶ「App Ape Award 2023」で、「Bing:AI&GPT-4とチャット」が「ネクストスタンダード賞」に選定されました。 生成AIアシスタント「Microsoft Copilot」を機能として組み込んだ「Bing:AI&GPT-4とチャット」のアプリとしての魅力やCopilotのビジネスでの生かし方について、マイクロソフトディベロップメント株式会社W

          マイクロソフトの生成AIアシスタント「Microsoft Copilot」をビジネスシーンで活かすには? App Ape Award 2023 ネクストスタンダード賞アプリインタビュー

          アプリに強いフラーのエンジニアインターンシップで感じたこと

          スマホアプリ制作を中心に事業に取り組むフラーでは、定期的にエンジニア短期インターンシップを実施しています。 その中で取り組むのは、フラーが手掛ける『長岡花火公式アプリ』のクローンを作ること。GitHubを使用した実践的な開発フローを体験するなど開発に関わることはもちろん、デザインとエンジニアリングの関係やアプリに込められた思いを知るなど、インターンシップを通してフラーのものづくりの姿勢や実際の開発の環境を感じてもらえたらと考えています。 今回のデジタルノートでは過去のイン

          アプリに強いフラーのエンジニアインターンシップで感じたこと

          お客様を“儲けさせる” 松屋フーズ公式アプリに込める思いとは App Ape Award 2023 リテール賞アプリインタビュー

          フラーが手がけるアプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」のデータをもとにユーザーに愛されたアプリを選ぶ「App Ape Award 2023」で、「松屋フーズ公式アプリ」が「リテール賞」に選定されました。 「松屋フーズ公式アプリ」が辿ってきたアプリとしての成長の軌跡や注力した施策・取り組みについて、アプリを運営する株式会社松屋フーズの小曽戸チーフマネジャーと大野マネジャーに伺いました。(敬称略、記事:石徹白未亜、編集:日影耕造、写真:島、日影) 松屋フーズ公

          お客様を“儲けさせる” 松屋フーズ公式アプリに込める思いとは App Ape Award 2023 リテール賞アプリインタビュー

          デザイナー同士だからこそ話せる場を創りたい フラー×アクセンチュアソング CDO/CXO交流イベントを合同で開催

          デザインに関わる者同士だからこその“ここだけの話”ができる場を創りたいーー。そんな思いを形にしようと、フラーとアクセンチュア ソングは2023年12月、CDO/CXO交流イベント「BONENーKAI」を開きました。 各企業や団体のトップデザイナーをはじめとする40人以上が集結。デザインに関わる企業や組織で責任者や統括を務める仕事だからこそ抱える悩みや課題を共有したり、普段なかなか会えない仲間との交流を深めたりしました。 各分野の最前線で活躍するトップデザイナーが集まったイ

          デザイナー同士だからこそ話せる場を創りたい フラー×アクセンチュアソング CDO/CXO交流イベントを合同で開催

          フラーの1年どうだった?2023年新卒インタビュー(デザイナー編)

          新卒採用を積極的に実施しているフラー。 今回は、2023年新卒のデザイナーとして採用された吉井さんに、フラーに入るまでの経緯や新卒研修の内容、案件を担当してみての感想などを聞いてみました。 フラーに入るまで新卒入社1年目、デザイナーの吉井です。 大学ではデザイン学科でビジュアルコミュニケーションデザインを専攻していました。 その中でインタラクションデザインというUI/UXに関するものを学び、普段からアプリなどを触る中で「人に寄り添ったデザインってどういうものだろう」と考えて

          フラーの1年どうだった?2023年新卒インタビュー(デザイナー編)