マガジンのカバー画像

フラーのエンジニアリング

26
技術と向き合い、ヒトに寄り添うエンジニアやその取り組みをご紹介。作って終わりではない、本質や細部にこだわり抜く思いをお伝えします。
運営しているクリエイター

#アプリ開発

転職を機にGo言語へ挑戦。フラーサーバーサイドエンジニアの語るGo言語習得への道

転職を機にGo言語へ挑戦。フラーサーバーサイドエンジニアの語るGo言語習得への道

フラーではサーバーサイドの開発現場において、Go言語を使用しています。

今回は、Ruby on Railsでの開発経験を生かし、フラーに入って一からGo言語を習得したメンバーに話を聞きました。

——エンジニアとしてのキャリアを含め、簡単な自己紹介をお願いします。小林:
サーバーサイドエンジニアの小林です。フラーには、今月で入ってちょうど一年になりました。

プログラミングを始めたのは、新卒でS

もっとみる
まずは熱心なユーザーであり続ける〜フラーのVPoEがプロダクト開発で大切にしていること

まずは熱心なユーザーであり続ける〜フラーのVPoEがプロダクト開発で大切にしていること

わたしたちフラーは、主に「デジタルパートナー事業」に取り組んでいます。
パートナーの成功を実現するため、アプリやウェブに関わる支援を通じて“ヒトに寄り添うデジタル”をパートナーと共に創り、未来を育む事業です。

その中でも開発を担うエンジニア部門の特徴は、専門性が高い技術領域についてわかりやすく、透明性高く、誠実に対応する“寄り添う技術”であること。

ただ開発するだけではなく、時にはお客さまの使

もっとみる
「この機能があって本当によかった。」 筑波山登山アプリ開発でフラーのエンジニアが感じた、現地での発見が生み出す誰かのためになるもの創り

「この機能があって本当によかった。」 筑波山登山アプリ開発でフラーのエンジニアが感じた、現地での発見が生み出す誰かのためになるもの創り

株式会社ARC地域研究センター、筑波大学芸術系の原忠信准教授、つくばトレイルガーディアンズ、株式会社ターバンとともにフラーが2021年11月にローンチした筑波山登山アプリ「Mount Tsukuba」は、筑波山登山をもっと楽しく安全にするアプリです。

アプリ開発のプロジェクトをすすめる中で、実際に企画や開発を手掛けたフラーのメンバーはどのような思いをもって取り組んだのでしょうか。

「ヒトに寄り

もっとみる
エンジニアとして、自分もチームも挑戦し続けられる土台を作る 〜フラーの「頼られる存在」2021年半期社長賞インタビュー〜

エンジニアとして、自分もチームも挑戦し続けられる土台を作る 〜フラーの「頼られる存在」2021年半期社長賞インタビュー〜

アプリとデータを中心とした『デジタルパートナー事業』を営みながら、なによりもヒトを大切にするフラーは、経営理念のひとつに「頼られる存在になろう」という価値観を掲げています。
プロフェッショナルであること、人の和を大切にすること、当事者意識を持つこと——これらを満たす人が、フラーにとっての「頼られる存在」です。

そんなフラーでは半期に一度、この理念に最も適ったメンバーを社長賞として表彰しています。

もっとみる
よりよいモノを、より楽しく創るために〜フラーCTO・VPoP・VPoEが語るこれからの開発体制〜

よりよいモノを、より楽しく創るために〜フラーCTO・VPoP・VPoEが語るこれからの開発体制〜

フラーは、「デジタル領域全般で頼られる存在」としてお客さまに寄り添い、課題解決や事業成長に貢献する、アプリとデータを中心とした『デジタルパートナー事業』を展開しています。

フラー開発チーム「フラースタジオ」では、2021年7月にプロダクトの責任者としてVPoPを、同年11月にエンジニアチームの責任者としてVPoEを、それぞれ新設しました。
そしてCTOも、11月1日に創業以来初めてメンバー交代し

もっとみる
テキストコミュニケーションも活気のある職場 - フラーへ実際に入社してみて:Androidエンジニア(2021年1月入社)

テキストコミュニケーションも活気のある職場 - フラーへ実際に入社してみて:Androidエンジニア(2021年1月入社)

フラーへ新たに入ってくれたメンバーに、いろいろ質問してみました! なお、回答はすべて、ご本人にお書きいただいています。

━━いつからフラーで働いているか2021年1月からお世話になっています。

━━フラーに入ったきっかけもともと名古屋の小規模な自社サービス会社で働いていたのですが、Androidエンジニアが私1人しかいませんでした。もっと他のAndroidエンジニアと切磋琢磨できる環境に身を置

もっとみる
フラットなコミュニケーションが取れる環境 - フラーへ実際に入社してみて:フロントエンドエンジニア(2020年11月入社)

フラットなコミュニケーションが取れる環境 - フラーへ実際に入社してみて:フロントエンドエンジニア(2020年11月入社)

フラーへ新たに入ってくれたメンバーに、いろいろ質問してみました! なお、回答はすべて、ご本人にお書きいただいています。

━━いつからフラーで働いているか2020年11月1日に入社しました。

━━フラーに入ったきっかけ以前フラーで働いていた知人に転職の相談をした際に「フラーっていう会社とてもいい会社だよ」と教えてもらったことです。
すごくいい会社だなと思いながらも、その時は都内の会社しか視野に入

もっとみる
フラーへ実際に入社してみて:iOSエンジニア(2020年10月入社)

フラーへ実際に入社してみて:iOSエンジニア(2020年10月入社)

フラーへ新たに入ってくれたメンバーに、いろいろ質問してみました!なお、回答はすべて、ご本人にお書きいただいています。

━━いつからフラーで働いているか
2020年10月から

━━フラーに入ったきっかけ前職までは官公庁、金融、保険向けなどの業務システム開発・保守に従事していましたが、自分のやりたいことや、今後のキャリアを考えた時に、現状のままでよいのかという疑問を持つようになり、もっと身近に触れ

もっとみる
フラーへ実際に入社してみて:iOSエンジニア(2020年9月入社)

フラーへ実際に入社してみて:iOSエンジニア(2020年9月入社)

フラーへ新たに入ってくれたメンバーに、いろいろ質問してみました! なお、回答はすべて、ご本人にお書きいただいています。

━━いつからフラーで働いているか2020/09/01 入社

━━フラーに入ったきっかけ前職であったスタートアップ企業にて2年間、1人エンジニア環境で頑張っていたのですが、自分をエンジニアの観点から評価してくれる人がいなかったり、周りの技術カンファレンスや SNS で付き合いの

もっとみる
フラーへ実際に入社してみて:Androidエンジニア(2020年10月入社)

フラーへ実際に入社してみて:Androidエンジニア(2020年10月入社)

フラーへ新たに入ってくれたメンバーに、いろいろ質問してみました! なお、回答はすべて、ご本人にお書きいただいています。

━━いつからフラーで働いているか2020/10/1に入社しました。

━━フラーに入ったきっかけ「MOBILE CREW NIIGATA」というエンジニア向けイベントです。
新潟では珍しいモバイルアプリに焦点を当てたイベントで、その協賛企業の1つがフラーでした。新潟にもモバイル

もっとみる
フラーへ実際に入社してみて:サーバーサイドエンジニア(2020年7月入社)

フラーへ実際に入社してみて:サーバーサイドエンジニア(2020年7月入社)

フラーへ新たに入ってくれたメンバーに、いろいろ質問してみました! なお、回答はすべて、ご本人にお書きいただいています。

いつからフラーで働いているか2020/07/15入社

フラーに入ったきっかけ 仕事面と家庭面の二つ理由があります。

 仕事面としましては、依頼された通りのサービスを作るのではなく、よりお客様の考え・ビジョンを知って提案を含めた仕事がしたかったためです。フラーはお客様と共に考

もっとみる
自分もプロダクトも、継続的に磨いていく━━フラーAndroidエンジニアの美学

自分もプロダクトも、継続的に磨いていく━━フラーAndroidエンジニアの美学

日々の業務をこなしながら、それらとは別に、エンジニアとしてのスキルアップも図っていきたい━━。
そんな思いを持ち、実際にさまざまな形で自己研鑽に励むメンバーが、フラーにはたくさんいます。

今回はその中のひとりで、Androidエンジニアをしながら、コンピュータサイエンスの学士号を取るために米国の大学へオンラインで通うメンバーに、話を聞いてみました。

奥澤 俊樹(おくざわ としき):
1984年

もっとみる
「最適な技術選定で、最高の提案を」アプリ開発をReact Nativeで行なった理由、そしてその実情とは

「最適な技術選定で、最高の提案を」アプリ開発をReact Nativeで行なった理由、そしてその実情とは

スマートフォン時代において必要不可欠な、アプリやウェブサービスといったプロダクトを、お客さまと共に創る。それが、フラーの『共創スタジオ』です。
プロダクトの企画、開発、運用から分析までと、一気通貫した支援を行います。

共創スタジオでは、お客さまにとって最適な選択肢をご提供するため、日々さまざまな取り組みにチャレンジしています。
先日リリースされた筑波大学公式アプリでは、クライアントの要望へ最大

もっとみる
「本当に必要なものを創るため、最適な選択肢を」フロントエンドエンジニアが語る、ネイティブアプリとWebアプリのこれから

「本当に必要なものを創るため、最適な選択肢を」フロントエンドエンジニアが語る、ネイティブアプリとWebアプリのこれから



フラー新潟支社で働くエンジニア3名(中央:インタビューに答えてもらったフロントエンドエンジニアの畠山。左:共創スタジオ副代表でiOSエンジニアの伊津(過去の記事)、右:Androidエンジニアの氏川(過去の記事))

「本当に必要なものを、お客さまと共に創る」をモットーに、フラー共創スタジオは、主にスマートフォンにまつわる様々なプロダクトを手がけています。
現在はネイティブアプリがその多くを占

もっとみる