マガジンのカバー画像

アプリ分析メディア「App Ape Lab」

35
フラーのアプリ分析サービス「App Ape」のデータを活用した、ビジネスのヒントになる記事をお届けします。
運営しているクリエイター

#アプリ開発

後発だからできる。「ユーザーの欲しいもの」を突き詰めるmenuの多様な施策とは?【App Ape Award 2021 流行アプリ賞受賞インタビュー】

 アプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するアプリの実利用データをもとに、2021年に人気や話題を集めたアプリを称える「App Ape Award 2021」のApp of the year部門サービスカテゴリで、フードデリバリー・テイクアウトアプリ「menu」がMAU増加率が最も高かったアプリを表彰する「流行アプリ賞」を受賞しました。  そこで今回は、menu株式会社のコミュニケーション本部で本部長を務める山敷真さんに特別インタビューを実施。アプリの

保育・教育施設と保護者に「あって当たり前」を提供するために必要なコドモンのCSとは 【App Ape Award 2021 相棒アプリ賞受賞インタビュー】

 アプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するアプリの実利用データをもとに、 2021年に人気や話題を集めたアプリを称える「App Ape Award 2021」のApp of the year部門 サービスカテゴリで、保育・教育施設と子どもを持つ保護者をつなぐ「CoDMON( コドモン、 以下「コドモン」)」が「相棒アプリ賞」を受賞しました。 また、ユーザーリサーチの観点からどのようにプロダクト開発に取り組んでいるのか、Cocodaさんの「デザインケー

Lemon8が目指す、「好き」を見つける場作りとユーザー目線のコンテンツの生み出し方とは?【App Ape Award 2021 熱狂アプリ賞受賞インタビュー】

アプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するアプリの実利用データをもとに、2021年に人気や話題を集めたアプリを称える「App Ape Award 2021」のApp of the year部門サービスカテゴリで、ByteDance株式会社のライフスタイルアプリ「Lemon8」が「熱狂アプリ賞」を受賞しました。 そこで、App Ape Lab編集部はLemon8のクリエイターパートナーシップ部門に所属する白井由貴さんに特別インタビューを実施。魅力あるアプ

新しい生活・新たな時代の芸術祭へ 大地の芸術祭が見つめるデジタルの活用

日本を代表するアートフェスティバルに成長した「大地の芸術祭」が2021年、デジタルの活用を積極的に進めています。新型コロナウイルスの影響が国内外で続く中、安心安全な芸術祭を実現するとともに、現地でのよりよい体験向上や接点の維持を図ろうと公式アプリを開発。試験運用もスタートしました。 開催地では、どのような課題や思いからデジタル活用に取り組んだのでしょうか。その先に見据えているのはどんな世界なのでしょうか。大地の芸術祭の企画運営責任者とフラーのデジタルパートナー事業責任者が語

App Ape Lab、noteではじめます

スマートフォンが幅広い年代層に浸透した結果、スマホアプリは単なるツールではなく、生活に欠かせないインフラとして根付きました。 アプリの進化のスピードが加速し、毎日何百、何千ものアプリが新たにローンチし続ける一方で、人間の可処分時間は太古の昔から24時間と変わっていません。 圧倒的な数のアプリに囲まれた世界中の人々の可処分時間の奪い合いは激化しています。急速に広がるスマホアプリの世界の中心にあるのは一体何なのでしょうか。スマホアプリはどこに向かっているのでしょうか。 アプ