日本人が使うスマホアプリ数は過去最多の40個 - フラー、国内アプリ市場データをまとめた『アプリ市場白書2021』を公開
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本人が使うスマホアプリ数は過去最多の40個 - フラー、国内アプリ市場データをまとめた『アプリ市場白書2021』を公開

フラーのデジタルノート

 フラー株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役:渋谷 修太、山﨑 将司、以下「フラー」)は、アプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積する各種データからアプリ市場の現状を読み解く「アプリ市場白書 2021」を作成しました。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴い、スマートフォン(スマホ)アプリのデータへの注目が日を追うごとに集まる中、2021年1月〜12月を対象にApp Apeで蓄積したデータを集計・分析。新型コロナウイルスの長期化によるインドア・巣篭もり志向の高まりを受け、人々の生活様式が変化する様子をアプリ利用の観点から取りまとめています。

 アプリビジネスに関わる方はもちろんのこと、アプリを取り巻く人々のダイナミックな動きに興味をお持ちの幅広い読者にご活用いただけますと幸いです。

 アプリ市場白書2021は下記の特設ページから無料でダウンロードできます。

アプリ市場白書2021を入手する:
https://ja.appa.pe/reports/whitepaper-mobilemarket-2021

アプリ市場白書のご紹介(一部)

拡大するスマホアプリ市場、一人当たり平均利用アプリ数は過去最大の40個

 2021年の国内のアプリ総MAU(調査対象アプリの月間起動ユーザー数の合計)は、前年に比べ15%増加、2年前の2019年に比べ34%増加しました。

 1人当たりの月間平均利用アプリ数(ユーザーが利用するアプリ数の平均)は過去最高の40個を記録。

 誕生から10年以上経過した今も、スマホアプリが成長の途上にあることがデータからは伺えます。

アプリ利用の長時間化

 1日のうちユーザーがアプリを利用している時間の平均も過去最長の4.8時間となりました。

 長期化する新型コロナウイルスの影響でインドア志向が高まり、余暇時間の使い方がアプリにシフト。テレワークなど多様な働き方でオンラインコミュニケーションも急増したことで、人々のアプリへの依存度が高まった形です。

 余暇時間の受け皿を担うカテゴリでは、「ゲーム」「コミック」「メディア&動画」を長時間利用する傾向にありました。

 ユーザーが1日に同じアプリを起動する回数は、平均3.5回とわずかに減少しました。

アプリ市場白書2021・目次

#1 2021年アプリ市場トレンド
:日本のスマホアプリ市場の全体概況について解説します。

#2 スマホアプリカテゴリ別分析
:カテゴリごとのアプリ利用動向について詳細を解説します。

#3 スマホアプリユーザー総論
:各アプリの性別年代データをもとに、それぞれの世代で支持を集めている一定規模(MAU50万)以上のアプリを紹介します。

#4 パブリッシャー別調査
運営アプリ数と年間総MAUを上位15パプリッシャーについてまとめています。

 アプリ市場白書では、カテゴリ別の1人当たりの日間平均利用時間(1アプリ当たり)やMAUシェアや性別年代、年代別のアプリ利用動向の詳細などについて、68ページに渡り紹介しています。ぜひお手にとってご覧ください。

アプリ市場白書2021を入手する:
https://ja.appa.pe/reports/whitepaper-mobilemarket-2021

<調査概要>
調査期間:2021年1月〜12月
データ出典:国内約4万台のAndroid端末
調査方法:アプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」による分析

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!もっと詳しくフラーを知ってみませんか?

嬉しいです!!!
フラーのデジタルノート
『世界一、ヒトを惹きつける会社を創る。』を経営理念に掲げ、事業成長に”本当に必要なデジタル推進”を支援するフラー株式会社の事業広報メディアです。フラーは柏の葉キャンパス、新潟、長岡に拠点があります。 コーポレートサイト https://www.fuller-inc.com/