入社の決め手の一つは、「どんな人なのか」に興味を持ってくれたこと- フラーへ実際に入社してみて:UI/UXデザイナー(2021年6月入社)
見出し画像

入社の決め手の一つは、「どんな人なのか」に興味を持ってくれたこと- フラーへ実際に入社してみて:UI/UXデザイナー(2021年6月入社)

フラーへ新たに入ってくれたメンバーに、いろいろ質問してみました! なお、回答はすべて、ご本人にお書きいただいています。

・いつからフラーで働いているか

2021年6月

・フラーに入ったきっかけ

デザイナーとして5年目に入り、これからのキャリアを考えて転職活動をしていました。
その時、お世話になっていた転職エージェントさんがSNSでフラーのことを紹介されていて、知りました。

・アウトドアブランドのアプリを作るために実際にキャンプを体験するなど、ユーザー理解をとても大切にしていること
・クライアント、そしてその先のユーザーにとって本当に必要なものをつくろう、という姿勢
・企画の段階からしっかりコミットしていける・複数人のデザイナーがいて切磋琢磨できる等、デザイナーとして成長できそうな体制であること
・職種間の関係がフラットで、コミュニケーションがとりやすいこと
などなど...

とても惹かれる部分が多く、「こんな会社があったんだ!」と感動しました。自分のずっと求めていた環境がここにあるような気がして、「この会社、興味あるんですけどわたしに合ってると思いますか!?」とエージェントさんに連絡をし、カジュアル面談をお願いしました。

とても印象的だったのが、カジュアル面談から最終面接まで一貫して、会社として外に発信されていた内容と、実際の社員の皆さんのお話や雰囲気とのギャップを、全く感じなかったことです。それもあって、フラーに入社したいと強く思うようになりました。

また、転職活動だと割と、「いままで何をしてきた人か」を重視される場合も多いと思うんですが、フラーの場合は、それ以前に「どんな人なのか」に興味を持ってくださっているのが伝わってきて、そこも決め手となりました。

・現在、フラーでどんな仕事をしているか

主にアプリのUIデザインを担当しています。
他にも、プロモーション用の紙媒体や、自社プロダクトの営業資料のデザインなどもしています。

画像1

・仕事の面で前職時代と変わったこと

もともと受託開発の経験は少しありましたが、ほとんどは自社プロダクトや、お客様先への常駐での仕事が多かったので、メインがクライアントワークになったのが一番大きいかなと思います。

加えて、フラーは受託制作というよりも、パートナーとしてクライアントと一緒にものづくりをする、という姿勢であることも、大きく違う点です。

これまでは割と、すでに決められたものをデザインに起こすだけ、という仕事も多かったので、もっとこうしたほうがいいんじゃないか?とか、そもそもこれって誰のためのデザインだっけ?みたいな思いが浮かんでも、あまり重要視されず、もやっとしてしまう場面も正直ありました。
フラーではそういうことがなくて、デザイナーに限らずどんな職種の人も、よりいいものをつくるためなら議論を惜しまない雰囲気だなと。クライアントワークでありながらも自社プロダクトかのような熱量でつくっている、ということをとても感じます。

体制としては、前職まではデザイナーは1人〜少人数で、自分以外みんな他職種の方々、という環境で働くことの方が多かったので、今は社内にデザイナーがたくさんいて、デザインレビュー体制もあって、というのがとても心強くて嬉しいなと思っています。

・生活の面で前職時代と変わったこと

前職でもリモートワークはしていたので、生活面はそこまで大きくは変わっていませんが、仕事とプライベートの境目が、ちょうどいい感じに心地よくなったなと感じています。
わたしはもともと、仕事は仕事!と割り切るタイプではなく、仕事も楽しんでいたいし、プライベートも楽しみたいタイプなので、そのバランスがとりやすくて嬉しいです。

プライベートでも社員間の交流があるのも新鮮で楽しいです。
例えば、読書が趣味なので、最近読んでおもしろかった本をフラーのメンバーにも共有してみたり、子育てされている方も多いので、お子さんの写真をSlackにUPされているのを見てほっこりしたり。子育てに関する疑問を相談しているやりとりも見かけたことがあります。

仕事仲間としての関わりだけでなく、人としても関わり合っている感じがして、その関係性がとてもいいなと思っています。

もちろん、仕事とプライベートはきっちり分けたい!プライベートはあまり知られたくない!という人はそれも可能ですし、それぞれがそれぞれにとって居心地のいい距離感を選択できるのも、フラーのいいところだなと思います。

画像2

・これからフラーでどんな仕事をしていきたいか

ユーザーのことを、人のことを考え続ける、仕事がしたいと思っています。
本当にいいものづくりができるように、いい体験を設計できるように、考え続け、手を動かし続けていきたいです。

・これからフラーでどんなスキルを身につけていきたいか

もっと、幅を広げていきたいです。
表層だけでなく企画段階から、という領域の幅や、デザインの幅。
それだけでなく、デザイナーという職種にとらわれず、必要なことはたくさん勉強して吸収していきたいし、よりいいものをつくれるように、また、ゆくゆくは、よりいい組織をつくれるように、といった部分にも関われるようになりたいと思っています。

・(もし入っていれば)どんな部活に入っているか

club-animal-crossing(あつ森好きが集まって、島の様子を共有したり、たまに誰かの島に集まって遊んだりする部活)、コーヒー部、読書部などに入りました。
他にもおもしろい部活がたくさんあって、登山部や焚き火部、ボードゲーム部なども気になっています。

画像3

(club-animal-crossingの活動の様子)

・フラーに入ってよかったなと思う一番のこと

自分らしくいられるようになったなと感じます。
ちょっと抽象的な表現ですが、これまでは割と、「仕事用の自分」を準備していた気がするんです。それが今は割と、いつもフラットな自分でいられています。

入社したての頃、フラーは「人」に興味を持つメンバーがとても多いな、という印象を受けました。
ただ入社しただけなのに、それだけでいろんな人が話しかけてくれるし(Slackで反応してくれるし)、共通点を見つけては盛り上がるし、知らない世界の話だと思えば興味津々で聞いてくれたり。
おしゃべり自体が好きなわけではない静かな性格の方も、じっくりお話ししてみると、意外と深いところまでお話しできたり。

◯◯さんと話してみたらおもしろいんじゃない?とか、それだったら◯◯さんも知ってるかも!とか、自分以外の人に詳しい人も多いんです。
人と人とがつながり関わり合うことで起こる化学変化、みたいなものが、フラーは起きやすい環境なんじゃないかなと感じました。

きっと、そういうメンバーが多いからこそ醸成された文化だと思うのですが、どんな場面でもコミュニケーションがとりやすいことにも、とても感動しました。
前職はどちらかというと、個々人がそれぞれで集中して仕事をやるスタイルで、必要最低限のやりとりをテキストコミュニケーションで行うことが多かったです。
もちろんそれが肌に合う人もたくさんいると思いますが、わたしは割と常にコミュニケーションをとりながら仕事を進めたいタイプでした。

フラーでは、業務上のやりとりがストレスなくできるのはもちろん、雑談も心地よくあるし、いつもSlackが賑わっているし...例え業務上はほとんど関わりがない人とも気軽にコミュニケーションがとれます。
最初はコミュニケーションのラフさに戸惑う人もいると聞きましたが、わたしにはとても合っているなと感じていて、入社初日からずっと居心地良く過ごしています。

先ほどの、仕事とプライベートの切り分けの話にも通じますが、コミュニケーションをどこまでラフにするか、という加減を自身で選択できるのも、フラーのいいところだなと感じます。


雑談やコミュニケーションが活発で、ユーモアのあるメンバーばかりですが、仕事となるとみんなめちゃくちゃ真摯に向き合っています。向上心のある人が多くて、毎日刺激をたくさん受けます。
何よりそこが、フラーの一番好きなところかもしれません。

画像4

以上、2021年6月入社のコガさんでした!


フラーでは、新メンバーを随時お迎え中。ご興味お持ちいただけましたら、こちら↓の採用ピッチ資料もぜひご覧ください。

採用ページ↓もぜひ覗いてみてください!

(校正:平山、写真撮影:島・安岡)

アプリやウェブなどデジタル領域に関するご相談を随時承っております。

ありがとうございます!明日がいい日でありますように!
『世界一、ヒトを惹きつける会社を創る。』を経営理念に掲げ、事業成長に”本当に必要なデジタル推進”を支援するフラー株式会社の事業広報メディアです。フラーは柏の葉キャンパス、新潟、長岡に拠点があります。 コーポレートサイト https://www.fuller-inc.com/