本当に意味のあるモノを創るために、お客さまにも開発チームにも寄り添う【フラー・開発営業の仕事紹介】
見出し画像

本当に意味のあるモノを創るために、お客さまにも開発チームにも寄り添う【フラー・開発営業の仕事紹介】

フラーでは、"デジタル領域全般で頼られる存在"としてお客様に寄り添い、課題解決や事業成長に貢献する、デジタルパートナー事業を展開中です。

そのデジタルパートナー事業で、最初にお客様とコミュニケーションを取り、以降も他のメンバーとは異なる視点から重要な役割を果たし続けるのが、デジタルコンサルティングユニットという名前の、開発営業チーム(以降、開発営業チーム)。
現在、事業拡大中のフラーでは、この開発営業のメンバーを積極募集中です。

そこで今回は、開発営業チームに「フラーにおける開発営業の特徴」「デジタルパートナー事業ならではの、営業のやりがい」などについて、話を聞いてみました。

フラーにおける開発営業とは

━━フラーでの現在の役割を教えてください

画像1

清原(セールスグループ・グループ長):
フラーセールスグループ・グループ長の清原です。
「フラーの売り上げすべてに責任を持つ」と言う立場で業務についています。グループ長としてのマネジメントのほか、いち営業としても現在10社ほど担当しています。

画像2

坂井(セールスグループ・プロデューサー):
セールスグループの開発営業チームでプロデューサーをしています、坂井です。
フラーでは、デジタルパートナー事業の中でクライアントワークとして、「お客さまの相談に乗って、開発からデザイン、企画、コンサルティングなどデジタルに関わること全般をご支援する」ことを行っており、私はそこで営業としてビジネスサイド全般を担当しています。入社からは、2年と少し経ちますね。

━━フラーでの開発営業の業務内容を教えてください

坂井(セールスグループ・プロデューサー):
営業という言葉は幅が広いかなとは思うのですが、その中でフラーは、お客様からお問い合わせをいただくことが多いかなと。

なので私たちは、お問い合わせいただいたお客様がフラーへさらにより良い印象を持っていただけるよう、まずはお客様にしっかりプレゼンを行い相談を繰り返し、信頼関係を構築していきます。
イメージとしては、ガツガツ受けていくよりも、一つひとつを丁寧に深く掘っていく感じですね。

清原(セールスグループ・グループ長):
そこからプロジェクトが実際に始まれば、お客さまのご要望に従って、『まだ世の中にないもの』を創ることになります。
そうなると、時にはお客様との意思疎通のズレを含めた、想定外のことも起きてくるものです。私たち営業は、そんなとき、問題解決のためのサポートへすぐに入れるようにしています。
仕事を取ってきたら終わり、ではなくて、取ってきてからもずっと伴走を続ける形ですね。

それから、開発中は開発チームが中心ですが、出来上がったプロダクトを納品する際には、また私たちが前面に立つことになります。
お客様にきちんとご納得いただけるようご説明し、最後にお金をいただくまで、しっかり責任を持ちます。

━━ディレクターとの棲み分けはどのようになっていますか?

清原(セールスグループ・グループ長):
まず、お客様とのはじめましてのご挨拶から、先方の状況の把握、フラーについてのいろいろなご説明までは、すべて営業が担当します。

そこから具体的な提案を作ってくれるのが、ディレクターのメンバーです。大まかに言うと、提案の中身を作るのがディレクターで、そのための場を作るのが営業ですね。
とは言えもちろん、提案作りにはディレクターだけでなく、私たち営業も、そして開発陣も加わります。ディレクターは、中心となり音頭を取る役割です。

ヒアリングの際、営業目線で気をつけているのは、お客さまが仰られることをそのまま聞くのではなく、「後々に絶対に疑問点として出ること」も先回りして確認し、リスクを潰すこと。
これには知識が必要なので、どの分野に明るいかで、営業チームでもメンバーごとに特色が出ます。

開発営業から見る「フラーらしさ」

━━実際に案件が始まった状況で、気をつけていることは何ですか?

坂井(セールスグループ・プロデューサー):
やはり、伴走は大切にしています。一般的には、開発が始まると営業サイドは距離を置きがちですが、自分たちは、開発に特化したようなミーティング以外は、基本的にすべて出て、お客様と関係を保ち続けます。

また、誰が悪いわけでなくても、様々な場面でトラブルや交渉ごとなどは起きてくるものです。
伴走をする中で、そういうこともできる限り、我々セールスで引き受けられるよう気を付けていますね。
案件を進めてプラスを創るのはディレクターにお願いし、我々は、何かマイナスとなってしまうようなことを引き受けて、その対処をしたい。

夢を語って理想を叶えるためには、どうしてもお金が必要です。
フラーのクリエイターや職人たちが、夢や理想を追える人たちのままでいられるよう、営業という形で自分たちがしっかり、周りを固めてあげたいなと思っています。

清原(セールスグループ・グループ長):
そういう意味で、フラーの仕事の中では、他とはまた違う独特のきつさはあるかもしれないですね。自分たち営業は、一番現実的なところを見なきゃいけないですから。
でも、フラーの一番のウリは『ヒト』なんです。決まり切った出来合いのものを売っているわけではなく、いわばメンバーの『創る力』を売っているわけですから。
だから、私たちが営業がやるべきなのは、その商品価値を高めること。
創る力を持ったメンバーたちが輝くために、そこから溢れる泥臭い仕事は、自分たちが引き受けたいです。

画像3

━━営業チームの中で、分担や体制はどうなっていますか?

清原(セールスグループ・グループ長):
開発営業チームでは、基本的に、お互いの案件はお互いに任せ合っています。
ただ、その前提がある中で、自分の知識や経験を活かした意見が言えそうだなと思ったときは、気軽にどんどん伝え合っています。
邪魔立てや口出しはしないけれど、困っていそうなときは助け合えるように。

なお案件の振り分けは自分が行っていますが、開発営業チームでは、個人の営業目標や成績は見ておらず、チームでの成果を大事にしています。なので、案件の押しつけ合い奪い合いは発生していませんし、これからも発生しません。

━━他に、営業視点から思う「フラーらしさ」は何かありますか?

坂井(セールスグループ・プロデューサー):
間接取引がなく、すべてが直接取引であることなどは、そうかもしれませんね。
フラーのやり方を理解してもらうには、直接取引でないとうまくいかないのかなと思います。

清原(セールスグループ・グループ長):
そもそも開発営業なので提案の自由度が非常に高いのですが、その中でもフラーは、相手の提案をそのまま飲まず、本当に相手に最適なものを提案する会社です。

言われた通りのモノ創りではなく、お客様にとって本当に意味のあるものを創る。そこにものすごくこだわるところは、「フラーらしさ」だと思います。

開発営業チームの今とこれから

━━開発営業チームについて、改善したい点はどこですか?

坂井(セールスグループ・プロデューサー):
フラーは、一つひとつの案件を丁寧に深く掘り、大切にしていきます。
なので、とにかく人がもっと増えたら、もっともっといろんな仕事ができるのにと、いつも思っていますね。

清原(セールスグループ・グループ長):
まさに同じ気持ちです。しっかり伴走するフラーには、人手が必要なんです。

━━開発営業としてフラーに入る魅力はなんですか?

清原(セールスグループ・グループ長):
誰もが知ってるクライアントとお付き合いできるのは、営業冥利に尽きることです。
しかもその成果が、自分のスマホなど手元で確認できる。これはすごくやりがいになりますよね。

また、開発営業のチームが組織としてまだガチガチに出来上がった状態ではなく、成長するフェーズにあるところも魅力かなと。
それから、まさに時代の主役である『スマホ』という分野で営業仕事ができる面白さも、自分は強く感じています。

坂井(セールスグループ・プロデューサー):
清原が「大企業と一緒に仕事ができる」ことについて言ってくれましたが、さらにその大企業の中に居る、より先端を行く方々と膝を突き合わせて議論し、新しいお仕事ができるのが、フラーという会社です。
これは経験としてありがたいですね。エッジの効いた人たちと仕事をご一緒できるのは、十二分に価値のあることです。

また、仕事の幅広さも魅力かなと。あらゆる分野のお客様から、開発、コンサルティング、DX、デザイン、果ては新規事業の展開まで、様々なお仕事をいただきます。
なので意欲があれば本当に広い分野の経験ができますし、逆に、それまでの自分の経験も様々な形で活かせます。

画像4

━━最後に、「こんな人にフラーへ来て欲しい」という希望をぜひお願いします。

坂井(セールスグループ・プロデューサー):
自律的に動ける方に、ぜひ入っていただけたらありがたいです。
知識や経験があるに越したことはないですが、それよりも、自分で考えて動ける人がこの会社には向いていると思います。
「言われてないけど自分ならこうする」を考えて動いても、その提案を受け止めて議論する環境が、フラーにはあります。なので、そういった気持ちや性質のある人に、ぜひご検討いただきたいです。

清原(セールスグループ・グループ長):
フラーは今、クライアント事業を大きく伸ばそうとしています。
仕事を取ってくる立場の我々のチームは、その中心にいなければいけないセクションの一つです。会社として自分としても、今、ここを強くしたいと心から思っています。

開発営業は、チームの人数で言えば会社の中でも少ない方ですが、売り上げに責任を持つ大切な場所。単に人数が増えればというより、きちんと成長して強力な組織になっていきたいです。
我々がフラーの成長を引っ張っていきたい。それを一緒にやってくれる、やっていきたいという方を、心からお待ちしています。

画像5

フラーでは、新メンバーを随時お迎え中。ご興味お持ちいただけましたら、こちら↓の採用ピッチ資料もぜひご覧ください。

採用ページ↓もぜひ覗いてみてください!

(インタビュー:坂詰、文章:平山、写真:島・安岡)

アプリやウェブなどデジタル領域に関するご相談を随時承っております。

嬉しいです!!!
『世界一、ヒトを惹きつける会社を創る。』を経営理念に掲げ、事業成長に”本当に必要なデジタル推進”を支援するフラー株式会社の事業広報メディアです。フラーは柏の葉キャンパス、新潟、長岡に拠点があります。 コーポレートサイト https://www.fuller-inc.com/